人生が動く時 2

 

前回の続きです。

 

 

 

 

2年前。塾講師に応募しようとしていた私が、

 

突然のミュージション川越の契約へ。

 

 

 

まるで、夢のような世界にいるような気分でしたが、

 

瞬時にハッと、我に返り…。

 

 

 

 

「そうだ! ピアノ、買わなきゃっ!!」

 

 

 

サイズとしてヤマハのグランドピアノC3まで

 

と言われていたので、ネットで検索。

 

そもそもグランドピアノのサイズって?

 

しかもいくらくらいするんだっけ?

 

実家に今も、アップライトの

 

クラシックピアノはありますが、

 

グランドピアノは、はて?

 

新品は無理だから、中古で探そうにも、

 

いったいいくらくらいするんだろう?

 

とざっくりの予算(ここはシークレット)にて、

 

ネットで検索。

 

 

 

え? この金額であるんだ、、、でも新潟の長岡市か〜

 

最初に出てきたのは、結婚式場にあるような、

 

真っ白のグランドピアノC3。

 

素敵だけど、白は汚れや傷が目立ちそう…。

 

試奏しに行くにも新潟は遠すぎるな〜と躊躇。

 

一日置いて、もう一度検索したら、

 

なんと、埼玉県内の中古ピアノ店にて、

 

もっと格安の黒のグランドピアノを発見。

 

しかも、その中古ピアノ店は、当時、

 

パートとして就労支援の仕事をしていた

 

所属事業所のすぐ近くで、さらにびっくり!!

 

電話するより、直接行ったほうが早く、

 

翌日お店へ!!

 

 

 

実はその中古ピアノ店、前から気になっていて、

 

一度は行きたいと思っていたのですが、

 

まさか、購入目的で行くことになるとは!!

 

お店に行くと、クラシックピアノが所狭しと並び、

 

店主さんは、チェンバロの修理をしていました。

 

わあ、チェンバロを直に見るのは初めて!!

 

 

 

その日は、目当てのグランドピアノはまだ、

 

県内のグランドピアノを預かる?倉庫にあるらしく

 

10日後、グランドピアノがお店にやって来たら、

 

再び訪ね、試奏することになりました。

 

 

 

 

10日後、グランドピアノと初のご対面。

 

店主さんが、あたたかく迎えてくださいました。

 

「こんなにいいグランド(中古)はないわね〜」

 

このグランドピアノの元持ち主の方は

 

なんと、近隣の小学校の先生だと聞きました。

 

「とても大切に扱っていたのがよくわかるわ」

 

と店主さんのお話を聞き、じわ〜っと…。

 

(ああ、きっと手放すのが辛かっただろうな…)

 

(きっとこの小学校の先生は、生徒達のために

 

 このピアノでたくさん曲を練習したんだろうな…)

 

(我が子のように、このグランドピアノが愛しく、

 

 大事に大事にしていたんだろうな…)

 

そんな想いがこみあげてきました。

 

 

 

「実はね、先日駒形さんが来店する前に、

 

 ある男性からお電話で、

 

 このグランドピアノの問い合わせがあったの。

 

 お話しする中で、やはりいいですってことになって、

 

 話は終わったのだけど、

 

 今朝また同じ男性から、電話が…。

 

 でも、先約の方(駒形)が気に入ったら、

 

 決まりですよ〜って話しておいたからね。」

 

 

 

ええ〜?そんなことが?

 

これは、もう迷うことはない!!

 

 

 

この電話の男性に背中を押されるように、

 

「このグランドピアノ、購入します!!」

 

と、私の口はしゃべっていました。

 

(ごめんなさい、電話の男性さん)

 

にも関わらず、契約書にサインする手は、

 

わなわなとふるえていました、、、、、

 

 

 

 

ミュージション川越に空きが出てから、

 

グランドピアノに出会う(ネット検索)までは、

 

ほんの1週間程度の出来事でした。

 

 

 

 

 

かくして、音楽教室つむぎうたに

 

このグランドピアノがやってきました。

 

名付けて、“ つるちゃん ”

 

ピアノ中古店のお店の名前から、とりました。

 

私はすぐに、楽器に名前をつけます。

 

(もちろん、心の中で呼んでます)

 

 

 

 

 

これからも、

 

お子様から、大人の方、高齢者の方まで、

 

いろんな人が、“ つるちゃん ” と出会えますように。

 

 

 

 

 

 “ つるちゃん ” いつもありがとう。

 

そして、今日もお疲れ様でした。