春が来た

 

ここのところの天気の変化には驚きます。

 

また、一昨日は、ものすごい強風で、

 

私の住む地域は畑が多いため、

 

空が茶色く見えるほどでした。

 

そんな中、近くの土手で見つけました!!

 

今年初めて見る、桜の花…。

 

青色のおおいぬのふぐりや

 

黄色のたんぽぽが咲いているのも見て、

 

ああ春が来たんだな〜と思いました。

 

 

 

 

2月下旬から3月上旬にかけて、

 

ある福祉施設での音楽療法(集団)では、

 

「春が来た」をテーマに

 

春らしい歌を集めてセッションを行いました。

 

そこで、とても印象に残ったことがあります。

 

 

 

 

 

いつもの定番曲で、ウォーミングアップをした後、

 

本日のテーマのコーナーに入る時に、

 

ある利用者さんが、ハーモニカを吹きました。

 

ここ最近、ハーモニカがブーム?になっていて

 

自分の思いで、音を鳴らしています。

 

そこで、私は、そのハーモニカの音に、

 

即興でピアノ伴奏をつけてみました。

 

ハーモニカという楽器は、吹きこんで鳴る音と、

 

吸い込んで鳴る音に分かれているので、

 

自然と心地良い和音になります。

 

そのコードを拾って、私も思いつくまま高音域で

 

ピアノを春のイメージで鳴らしてみました。

 

そして、その流れ(コードはC)から、

 

童謡の「春が来た」(高野 辰之作詞  岡野 貞一作曲)

 

の弾き語りをしました。

 

皆さんよく知っていて、短い歌なので、

 

その利用者さんも、1番、2番、3番と歌が進むにつれ、

 

ハーモニカの音域や吹くリズムを工夫していました。

 

さらに、別の利用者さんが、優しく手を伸ばし、

 

ツリーチャイムをシュルルルルルと奏でる場面もあり、

 

とてもすてきな「春が来た」の即興演奏になりました。

 

 

 

 

 

先日のブログ「あったらいいな、駅ピアノ」で

 

アドリブや即興で演奏していた方々のことを書きました。

 

私は、作曲というとなぜかとても身構えてしまって、

 

自分には向かないなと以前から思っていますが、

 

別の人が自由に鳴らす音に、伴奏をつけてみたり、

 

メロディーにつなげていったり、、、

 

遊びながら、自由な発想で、(その場限りだとしても)

 

誰かと一緒に作る音楽は楽しいなと実感しました。

 

 

 

 

 

 

これからも、音楽療法や療育レッスンなどで、

 

即興を積極的に取り入れてみたいなと

 

思いました。