“ あいさつの歌 ”

 

 

先日、複数の児童デイサービスさんから

 

4月以降の音楽講師のご依頼がありました。

 

既に、昨年秋から、

 

何回か音楽活動を行っていますが、

 

大変ありがたい気持ちでいっぱいです。

 

断続的であっても、同じ子ども達と一緒に、

 

音楽活動を積み重ねていくことの

 

大切さを感じるからです。

 

 

 

小学校に勤めていた時は、

 

担任していた子ども達に

 

毎日会えるのは当たり前でした。

 

子ども達の日常に直に触れ、

 

一人ひとりと、喜怒哀楽をともにできることは

 

とても幸せでしたが、辛いこともありました。

 

 

 

現在は、教室に通ってくださる生徒さんも、

 

特別支援学校の子ども達も、

 

生活介護の施設の利用者さん達も、

 

週1回のペースで会うことができます。

 

毎日会っていなくても、行間を読むように、

 

見えない1週間を想いながら接するのも、

 

なかなかいいなと思っています。

 

 

 

 

それは、月1回伺っている他の施設も

 

同様に、その良さを感じています。

 

 

 

 

 

児童デイサービスは、学校との連携もあり、

 

定期的にとはいかないまでも、

 

音楽活動を取り入れたいと言ってくださる

 

職員の方々の想いをとても嬉しく思います。

 

何回か伺っているうちに、

 

子ども達も打ち解けてくれて、

 

愛しさを感じるようになりました。

 

 

 

これまで、一番うれしかったのは、

 

 “ あいさつの歌 ”

 

(「手をつないでこんにちは」

  水野明子・生野里花 )

 

 

 

音楽活動の最初に、必ず歌います。

 

一人ひとりの名前を

 

私が歌いながら呼んで、

 

呼ばれた子が楽器を鳴らして

 

返事をします。

 

 

 

 

子ども達はすぐにこの歌をおぼえて、

 

2回目から大きな声で歌ったり、

 

打ち合わせで児童デイサービスを

 

訪ねた私の近くに来て、笑顔で、

 

この歌を歌ってくれたりします。

 

また「この曲をピアノで弾きたい」

 

と声をかけてくれる子もいます。

 

 

 

音楽療法をしている施設でも、

 

別の “ あいさつの歌 ” があり、

 

こちらも同様に、

 

一人ずつ名前を呼ぶのですが、

 

それぞれにいい歌だな〜と思います。

 

 

 

日常生活でもあいさつは大事ですが、

 

音楽活動に“ あいさつの歌 ”があるのは、


とてもいいですね。

 

 

 

 

 

「手をつないでこんにちは」は、

 

特別支援学校で知りました。

 

支援学校の音楽では、楽器ではなく、

 

「こんにちは」と歌って返事をします。

 

 

 

 

 

以前、ご紹介した

 

ピアノの特訓をしていた先生が

 

練習していたのは、この曲です。

 

2月になったら、

 

ピアノ伴奏のデビューをすると言っていたのに、

 

なんと1月下旬に、私の知らないうちに、

 

デビューしていて、

 

え〜〜っ! びっくり!

 

途中つっかえながらも、最後まで頑張る先生。

 

その日の学習後の感想発表で、小学1年生の子が、

 

「「手をつないでこんにちは」が楽しかったです」

 

とうれしそうに話す様子を見て、私も感激!!

 

家に帰ってから、家族のみんなに

 

「○○先生、ピアノ上手なんだよ」

 

と話している2年生の子もいたりとか…。

 

 

 

 

“ あいさつの歌 ”

 

本当にすてきな歌です。

 

 

 

 

 

私もまた、児童デイサービスの

 

子ども達と一緒に歌えるのが楽しみです。