月夜の晩に・・・

 

 

↑この楽器、知っていますか?

 

ジブリ映画の、ある主題歌を歌っていたら、

 

歌詞の中にこの楽器が出てきて、

 

思い出しました〜。

 

長いこと押し入れに眠っていた

 

この楽器のことを・・・・。

 

 

 

 

この楽器は、オカリナです。

 

 

 

オカリナは・・・・

 

陶器の笛は、紀元前3000年頃から

 

存在していたと言われています。

 

オカリナの原型は、1860年頃

 

イタリアのドナーチという人が作りました。

 

音程は息の強さによって変わり、

 

おさえた指のどこかに、

 

少し隙間ができるだけでも、音が変わります。

 

     〜オカリナの説明書より引用〜

 

 

 

月1回音楽活動を行っている、

 

高齢者介護施設では、

 

その月の誕生日の方のために

 

「ハッピーバースデイ」コーナーが

 

あります。

 

その時に、私は毎月2種類の楽器で

 

「ハッピーバースデイ」の曲を

 

演奏しています。

 

1つはピアノ、これは毎月同じです。

 

もう1つは、毎回違う楽器にしています。

 

 

今月は、このオカリナで演奏します。

 

リコーダーの指使いと似ているのですが、

 

説明書にもある通り、息の量で音程が変わり、

 

その繊細さに驚きます。

 

 

これまで、ハンドベル、鍵盤ハーモニカ、

 

リコーダー、グロッケン、ウクレレなどで

 

演奏してきました。

 

同じ「ハッピーバースデイ」でも

 

楽器によって雰囲気が変わります。

 

いろんな音を一緒に楽しむのも

 

いいな〜と毎回思います。

 

 

 

 

このところ、晴れた夜空には、

 

月がとても美しく輝いて見えます。

 

空気が澄んでいるからでしょうか。

 

そんな月夜の晩には、どこかでトトロが、

 

オカリナをふいているのかもしれません。