図工が苦手だった私

 

小学生の頃、図工の授業が好きではありませんでした。

 

 

 

題材名はおぼえていませんが、課題としては、

 

「あなたの夢の世界を想像して描きましょう」

 

「工夫して、動くおもちゃを作りましょう」

 

のような内容がとにかく苦手でした。

 

発想というモノが全く浮かびませんでした。

 

一人、放課後教室に残って、

 

先生の苦しそうな励ましを受け、

 

(先生ごめんなさい)と思いながら、

 

なんとか形にしたという記憶があります。

 

 

 

それでも、風景画は好きでした。

 

何かを見て描くことは、安心でした。

 

 

 

その後、中学に入って、

 

「図画工作」が「美術」に変わってから、

 

なぜか急に成績が良くなりました。

 

 

 

中一の時にポスター制作の授業で、

 

「レタリング」や「グラデーション」を学び、

 

それらを組み合わせて描いたポスター。

 

私の「煙草のポイ捨て禁止」の作品は、

 

デザインが良いと先生に褒められました。

 

あの時のことを思い出すと、今でも涙が出ます。

 

 

 

その後「遠近法」「シンメトリー」など学び、

 

絵画はもちろん、立体作品も楽しくなり、

 

どんどん美術が好きになりました。

 

入賞したことはありませんでしたが、

 

中学校生活3年間における作品のいくつかは、

 

「今後の美術教育の参考作品にしたい」と

 

先生に声をかけていただき、学校に残してきました。

 

 

 

私の子ども時代のアートに対する大転換は、

 

今の私を導き、支えている、

 

大きな要素の一つだと思っています。

 

 

 

アートにおいて、

 

小学校と中学校での私は対称的ですが、

 

どちらの先生にも、心から感謝しています。