新しい可能性〜オンラインレッスン〜

 

先週に引き続き、今週前半まで、

 

現在ご契約いただいている生徒さま、

 

そしてご希望のあった福祉施設と

 

オンラインでのお試しを行ってきました。

 

また、既にお試しを行い、オンラインレッスンで

 

ご継続を決めていただいた方は、

 

以前と同様のレッスンが再開しています。

 

(退会された方もいらっしゃいます)

 

 

 

およそ2週間の間に

 

いろいろな形で、オンラインでの音楽を行い、

 

現時点での私の中で、

 

ある方向性が見出されてきました。

 

 

 

 

 

 

オンラインに向く、あるいはオンラインでの違和感を

 

許容範囲として受け入れられるレッスン内容と

 

オンラインには不向きなレッスン内容があるということ。

 

 

 

 

 

これについては、まだ文章にしてお伝えすることが難しく、

 

新規でオンラインの生徒募集をするにも、

 

本来の、対面での新規生徒募集とは異なる枠を

 

設けた方がよいのでは、と思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

そんな折に、この音楽教室つむぎうたが入居している

 

音楽専用マンション、ミュージションのオーナーさんが

 

オンライン(Zoom)にて、音楽教室経営者の交流会を

 

企画してくださり、私も誘っていただきました。

 

残念ながら都合がつかず、参加できませんでしたが、

 

ミュージションのホームページにその交流会の

 

話題が丁寧に紹介されていたので、

 

ご興味のある方は、ぜひお読みになってみてください。

 

 

 

「音楽講師のコロナ禍における悩み、工夫とは」

 

 

 

特に音楽教室でオンラインをされている方、

 

これから検討しようと思っている方には、

 

とても参考になると思います。

 

(私もとても参考になっています)

 

 

 

 

 

また、このような外出自粛の緊急事態になる以前に、

 

障がいや難病などがあり、住まいが遠いために、

 

音楽教室に通うのが難しいお子さんのために

 

オンラインを取り入れて、様々な工夫を凝らし、

 

楽しくレッスンを行っている先生もいらっしゃいます。

 

(横浜で教室をされている女性の方です)

 

直接の知り合いの方ではないために、このブログに

 

リンクを貼ることは控えさせていただきます。

 

 

 

 

 

そもそもオンラインでしか開講していない、

 

音楽教室(ピアノ、ヴォーカルなど)があることも

 

いろいろ調べていく中で、見つけました。

 

 

 

 

 

 

私自身まだ、オンラインに関して知らないことが多く

 

既に実践されている方の様々な知恵と工夫を学びながら、

 

できそうなことから、取り入れていこうと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

生徒の新規募集(当面はオンライン)については、

 

もう少しお時間をいただきたいと思います。