しばらくは、独学で・・・

 

3年前の春から通い始めたウクレレ教室。

 

今月末で退会することにしました。

 

理由は、自分の音楽教室のレッスンや

 

学校や福祉施設での講師の仕事との両立が

 

難しくなってしまったからです。

 

ウクレレのレッスン内容のレベルが、

 

どんどん高くなり、自主練習が追いつかず…。

 

自分の健康と生活を第一に考えて

 

退会することに決めました。

 

 

 

 

 

 

ウクレレ教室に通うようになったきっかけは、

 

自宅にポスティングされたチラシでした。

 

しかも、「ギターの無料体験」

 

手が小さいので、ギター教室に通うことはないけど、

 

一度体験はしてみたいと思い、軽い気持ちで予約。

 

行ってみると、先生は、とても明るくて

 

わかりやすく丁寧に教えてくださるすてきな方。

 

「駒形さんなら、ウクレレがいいかも」

 

とギター体験はそこそこに、ウクレレを手渡され、、、

 

「春が来た」「ゆりかごの歌」「大きな古時計」など

 

音階や基本のコードを教わって、

 

先生のギター伴奏に合わせて、メロディーを演奏したり、

 

私のウクレレ伴奏に、先生がメロディーを演奏したり…。

 

わわわわわわ〜 楽しい〜 ♪  ♪  ♪

 

 

 

 

また、ちょうどその1か月前に、

 

高齢者介護施設2カ所で音楽活動を始めたばかり。

 

ピアノ伴奏もいいけど、ウクレレの伴奏なら、

 

参加者の皆さんの近くに行って、

 

一緒に歌ったら、すごく楽しそう。

 

音色もハワイアンで、明るく温かみがあるし…。

 

と、気づいた時には申込書にサインをしていました。

 

 

 

 

 

 

その後2年間続けた、高齢者施設では、

 

時折、ウクレレ伴奏で皆さんと歌いました。

 

また、私の音楽教室の生徒さまと一緒に

 

高齢者施設でミニコンサートを行い、

 

生徒さまのハンドベル演奏の伴奏を

 

ウクレレで行った曲もありました。

 

 

 

 

 

ウクレレの楽しさや良さは、いろいろ。

 

*楽器が小さいので、いつでもどこでも

 

 気軽に持ち運べる。

 

*車に積んでおくと、渋滞の時に

 

 気晴らしに車内で演奏できる。

 

*伴奏だけでなく、メロディーを弾くことで、

 

 ウクレレやギターなど他の楽器とコラボできる。

 

*ソロ(メロディーと伴奏を同時に)で

 

 演奏することができる。

 

*音量が小さいので、夜中でも練習できる。

 

(これは、住宅の状況にもよりますが…)

 

*音色が明るいので、暗い曲でも癒される。

 

(これは私の主観ですが…)

 

などなど、まだ他にもありそうです。

 

 

 

 

そうそう、ウクレレを購入するのに、

 

インターネットで検索していたら、

 

浴室や海岸で演奏しても大丈夫という

 

プラスチック製のウクレレもありました。

 

海岸はわかる気がしますが、

 

浴室とは、よっぽど好きなんでしょうね。

 

または、浴室はよい感じに響くから

 

より上手に聴こえるのかも…。

 

 

 

 

 

 

この3年間で、いろいろな曲を学びました。

 

完璧に弾けるようになった曲ばかりではなかったので、

 

これからは、ゆっくりと教わった曲を振り返ったり、

 

新たに弾いてみたいなと思った曲の楽譜を見て、

 

メロディーに挑戦したり、コードを確認しながら、

 

自分(独学)で練習していこうと思います。

 

テキストも1冊終えたので、同じシリーズの

 

次のステップのテキストも購入しようと思います。

 

(これは先生からのアドバイスでもありました)

 

 

 

 

 

 

ピアノでも何でも、ずっと習い続けることは

 

多分できないと思うので、

 

一人になっても、何らかの形で

 

自分で工夫しながら続けられることが

 

大切のような気がします。

 

 

 

 

 

 

3月から、ウクレレ教室も休講になってしまい、

 

先生にちゃんとお礼の挨拶もできないまま、

 

退会となってしまい、とても残念です。

 

が、いつかレッスンが再開になれば、

 

またご挨拶に伺うこともできるだろうし、

 

もしかしたらまた、どうしても習いたい!

 

という気持ちになるかもしれません。

 

とりあえず、しばらくは独学で、

 

自分の心と体に無理をせず、楽しく

 

ウクレレに親しめるといいなと思います。

 

そう思えるのも、先生のおかげです。

 

 

 

先生、3年間、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「春が来た」(高野辰之作詞 岡野貞一作曲)

 

「ゆりかごの歌」(北原白秋作詞 草川信作曲)

 

「大きな古時計」(保富康午訳詞 ワーク作曲)