母校の桜

 

今年は桜の開花が早く、満開の時を迎えていますね。

 

 “ 小江戸 ” と呼ばれる川越には、数々の桜の名所があります。

 

昨年撮影した、川越水上公園の桜並木も圧巻でした。

 

写真を見たい方は、こちら

 

 

 

 

 

 

今年はどこで写真を撮ろうかなと、検索してみると、

 

いくつかのサイトで、私の母校である、

 

「県立川越女子高校正門前の桜並木」

 

が、紹介されていました。

 

同じ川越で仕事をしていながら、

 

母校の “ 川女 ” に足を運ぶことはほとんどなく、

 

桜並木のことも、すっかり忘れていたので、

 

今年は、我が母校の桜を見に行ってきました。

 

 

 

 

“ 川女 ” は、実はかなりな進学校なので、

 

高校時代、勉強についていけなかった私には、

 

あまり良い思い出がありません。

 

でも、高校時代の話で、たいてい友人と思い出すのは、

 

昼休みに、上履きのまま「コロッケ」を買いに行ったこと。

 

(なんと、音楽教室つむぎうたの生徒さまのお母様で

 

 川女出身の方と「コロッケ」の話で盛り上がりました〜)

 

そうなんです、当時、学校の近くに

 

すご〜〜〜く美味しいコロッケ屋さんがあって、

 

クラスメイトが代表で、注文をとって買ってきてくれたり!!

 

けれども、先輩もみんな買っていたので、並んだりすると、

 

うっかり昼休みが終わってしまったりして…。

 

昼休みの後は、授業ではなく、確か清掃でした。

 

清掃開始のチャイムが鳴るころ、

 

正門前に風紀委員の先輩だったか?先生だったか?

 

門番のように立っていて、時間に遅れると、

 

注意を受けた記憶があります。

 

それでも懲りずにまた、コロッケを買ってしまう 笑

 

とても懐かしい思い出です。

 

 

 

 

 

正門前の桜並木は、敷地外なので、

 

普通に住宅が並んでいます。

 

当時のままのお家が何軒もあって

 

変わらない風景に心が落ち着く感じがしました。

 

 

 

 

 

 

 

同じ日に、蓮馨寺の桜も見に行きました。

 

トップページに写真を載せていますが、

 

この日、近くの大学の卒業式があったようで、

 

袴を着た女子学生とスーツを着た男子学生が

 

お参りしていて、とても風情がありました。

 

(トップページの写真で見てみてくださいね)

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ、うつむきがちだった人は、私だけでないはず。

 

桜の下、通りすがる人達は、みな、

 

桜の花を見上げては、その美しさに心を打たれ、

 

やわらかな表情になっていました。

 

満開の桜は、静かに私達を見守り、

 

元気づけてくれているような気がします。