めきっ めきめきっ

 

先月上旬から、交通機関を使うのをやめて、

 

移動はすべて車にしています。

 

オンラインレッスンのために、

 

自宅から川越に向かう道のりは、

 

何通りもあります。

 

一番近い道は決まって混むので、

 

やや遠回りでもほとんど渋滞することなく、

 

多少混んでしまったとしても

 

時間のズレがほとんど生じない道を選んでいます。

 

それでも毎回同じ道は飽きるので、ほんの少し、

 

違う道を通って見たところ、

 

「あっ、竹取物語みたい」

 

と思われるような竹林を見つけ、、、

 

 

 

めきっ、めきめきっ、めきめきめきっ

 

 

 

と音がきこえてきそうなほど、その竹林の中に

 

たくさんのたけのこが生えているのを見つけました!!

 

手前から奥の奥まで、たくさんのたけのこ!!

 

強い生命力が、伝わってくるような気がしました。

 

 

 

 

 

 

そして、それはまるで、今オンラインで

 

ピアノレッスンを受けてくださっている

 

生徒さまたちのようにも思えました。

 

ホームページに公開しているように、

 

障がいやご病気の方を対象としたレッスン以外に、

 

保育士、教員向けのピアノレッスンがあります。

 

昨年秋から、こちらのコースでレッスンを

 

受けてくださる方も少しずつ増えています。

 

オンラインになってからも皆さん、

 

レッスンを継続してくださっていますが、

 

その上達ぶりに驚かされるばかりです。

 

 

 

 

 

ピアノレッスンの場合は、

 

個々人での自主練習が必須というか、

 

「この曲を弾けるようになりたい」

 

という目的の方がほとんどなので、

 

レッスンでは、音取りやリズム、指使いの

 

確認がメインとなります。

 

自主練習の中で困ったことはないかを

 

生徒さまにお聞きして、アドバイスしたり、

 

元の楽譜を少しアレンジした弾き方などを

 

お伝えしたりしています。

 

また、授業で使えるあいさつや合図の音、

 

学級の子ども達が集中するよう、

 

音を活かした手立てなどの

 

授業ネタをお伝えしたりすることもあります。

 

それらはかつて、私が実際に音楽教員として

 

子ども達と向き合う中で、生み出してきた方法。

 

エピソードとともにお伝えしたりすると、

 

レッスンの時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

けれど、そういったお話もお役に立つこともあるようで、

 

生徒さまの練習ぶりにさらに磨きが…。

 

 

 

 

 

せっかくのゴールデンウィークも、

 

自粛で気分的に滅入りそうな気もしますが、

 

目標をもってピアノの練習に励み、

 

めきっ、めきめきっ、めきめきめきっと

 

上達する生徒さま、お一人おひとりから

 

私の方が元気をいただいています。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

オンラインレッスンが始められるように

 

協力してくださった皆さまにも

 

心から感謝申し上げます。